商品詳細

【8月31日発売予定】 【送料無料】 ホットウィール(Hot Wheels) ブールバード 2024年8月単品販売5台セット(各1台)
説明

お支払い方法・送料・配送について予約販売商品についてホットウィール(Hot Wheels) ブールバード 2024年8月単品販売5台セット(各1台)大人気のホットウィール!2024年8月発売のブールバード単品販売5種をセットにしました!■1955 プリムス サボイ HRT58アメリカで1948年に創刊された改造車雑誌、『HOT ROD(ホットロッド)』マガジン。その派生TVプログラムが『HOT ROD GARAGE』だ。ホットウィールではその番組内で製作された1955年型プリマス・サヴォイ・ベースの大改造車両をパティーナ(敢えて錆びを取り除かず、ヤレた状態を演出として残す)スタイルの外観を含めて新規金型でリアルに再現。サヴォイの名称は、クライスラーのエントリーブランドであった、プリマスの中堅グレードやステーションワゴンに1951年から1964年まで用いられた。ホットウィールがモチーフに選んだサヴォイとしてはその2世代目あたる。実車は外観こそヤレた1955年型サヴォイ風だが、エンジンは現代のチャレンジャーなどに積まれた標準状態でも700馬力を超える6.2リッターのヘルキャットを搭載し、シャシーもワンオフの鋼管フレームとされるなど別物になっている。■'24 ホンダ シビックタイプ-R HRT61ホンダが誇るスーパーカー、初代NSXをベースに、サーキット走行も視野に入れた車体の強化&軽量化、サスペンションチューニングなどを施して1992年に登場したNSX タイプR。同車が生産を終えた以降は、同様のコンセプトでモディファイされたインテグラやシビックが数世代に亘って生産されてきた。ホットウィールが新規金型でリリースするのは、2022年にデビューした6代目シビック タイプRだ。6代目シビック タイプRは5代目の“ガンダムチック”とたとえられたスタイリングから、丸みを帯びた張りのある面で構成された塊感のあるデザインをまとっており、エンジンは先代比でプラス10馬力の320馬力を発生する2リッターターボエンジンを搭載する。今回はホンダ車を使ったレース活動やチューニングパーツの販売で有名な、日本の『SPOON(スプーン)』のレースカーと同様のカラーリングで仕上げられている。■'86 フォード サンダーバードプロストック HRT72フォードの2人乗りスペシャリティカーとして1955年に登場したサンダーバード。2代目の1958年型から4人乗りとなり、4、5代目の1967〜1971年型までは4ドアモデルも存在した。ホットウィールがモチーフとしたのは旧来の角ばったスタイルから一転、丸みを帯びたエアロフォルムをまとって登場した9代目。ノーマル仕様ではなく、0-1/4マイル(約400m)区間のタイムを競う競技で、過給機(ターボやスーパーチャージャー)に頼らない自然吸気エンジンで争われるプロストック・クラスに準じた改造が施されている。1985〜1987年では同車を駆るボブ・グリッドゥン選手が全米ウィナーに輝いている。エンジンへの空気供給量を増大するためのエアスクープが特徴。カラーリングは、1980年代に流行したプロストック風の改造を施した市販車、プロストリート・スタイル風に仕上げている。■ポルシェ 964 HRT73ドイツを代表するスポーツカー、ポルシェ911。1964年から市販が開始され、現在に至るまで全8世代を数える。911は世代ごとの型式で呼ぶのが一般的で、初代は901もしくは911、現行モデル992と言った具合だ。ホットウィールがモチーフに選んだのは第3世代にあたる964型である。964型は1989年から1993年の間に生産され、スタイリングこそ初代や2代目と基本的には同じように見えるが、車体を構成する85%の部品が刷新されており、車体裏側を含めて空気抵抗を減らす工夫が凝らされていたり、サスペンションも旧来の棒ばねからコイルスプリングに変更されるなど近代化を果たしている。また964世代から4WD車が登場したのも話題を呼んだ。ホットウィールでは大型のウィングを備えたターボではなく、シンプルなリアビューが美しいカレラを再現している。■'99 フォード F-150 SVT ライトニング HRT60ここ数十年の間、アメリカでもっとも売れているクルマとして確固たるポジションを築くのがフォードの大型ピックアップのFシリーズだ。アメリカではピックアップトラックは日本の商用車(昨今は日本でもプライベートカーとしての使用頻度も上がってきているが)的な扱いではなく、乗用車として使用されることが多い。FシリーズにはスタンダードなF-150から、シャシーが頑丈になり、荷台が大キャパシティ化していくにつれて、F-250、F-350、F-450といったタイプも用意された。そんな中にあってSVTライトニングはスポーツカーとピックアップトラックの融合を図ったという、実にアメリカ的なモデルだ。SVTはフォードの高性能車やレース車両開発部門のSpecial Vehicle Teamの略で、SVTエンジンやサスペンションのチューニングを施したのがライトニングとなる。SVTライトニングは1993年から1995年までの初代、ホットウィールがモチーフにした1999〜2004年まで2代目が存在。現在はF-150シリーズの電気自動車の名称としてライトニングが使用されている。※カードが歪んでいる、ブリスターに細かいキズがある等はメーカーの出荷検品の許容範囲内となっておりますので、当店では正常品として出荷させていただいております。 パッケージの状態を特に気になさるコレクターのお客様は、誠に勝手ではございますが当店のご利用をご遠慮下さい。※ホットウィールの初期不良について※パッケージ破損(ブリスターが割れている、カードが折れている等)や、商品本体の不具合があった場合には、下記のマテルカスタマーサービスまでお問い合わせください。マテルカスタマーサービスお問い合わせ先:03-5207-3620 電話受付時間:月〜金曜日(祝日を除く)10時〜16時■メーカー:マテル(MATTEL)

コメント

コメントはありません。

SNS連携

価格

楽天: ¥4,380

※当サイトの更新タイミングの都合上、販売元ページの価格と異なる場合があります。
 最新の正しい価格は、各販売元ページにてご確認ください。

口コミ

口コミサイトへ

動画

関連動画はありません。

更新日

2024-07-10 05:00:06